まずは飲食店でよく使われているPOSレジとはどんなものか解説

POSレジとは、飲食店などにあり、料金の精算を行うレジと呼ばれているものの名称です。POSはPoint Of Saleの略で、販売した時点と訳すことができます。皆さんも知っている通り、商品についているバーコードを読み取り商品の値段を表示し、レシートに印刷を行います。実はこのPOSシステム、店舗側にはとてもメリットのある製品なのです。それは、販売情報が記録され、データを集積することで、売れ筋の商品や売れていない商品がわかり、商品の補充や値下げ、何を棚に置くかなどを効率的に管理することができるからです。そのおかげで、無駄なく売り上げや顧客満足度を向上することが可能になりました。現在多くの店舗で、このPOSシステムを利用して、商品の造成や集客戦略などを立てています。

POSレジの導入によって飲食店の営業効率が上がる

現在、飲食店業界では、店舗数の多様化や不景気の影響により、厳しい状況が続いています。また、人手不足や労働状況などの問題も表面化してきています。この中で、速く業務を回し、従業員の負担を減らし、お客さんの単価を上げ、ミスをなくすということが大事になってきます。POSシステムは、顧客に売れやすいものや時間帯がわかることで、不良在庫を減らしたり、商品回転率を上げることができます。顧客のデータから商品開発に生かすこともできます。また、レジ締め機能や計算ミスを減らすことで業務の効率化を測ることができます。集積した売り上げデータは多店舗でもまとめて集計できるので、売り上げ管理も一元化することが可能です。さらに、どの店舗の売り上げがいいのか悪いのかもわかるため、改善に役立ちます。つまり、POSシステムの機能により、コストを削減し、売り上げを増やすことができるのです。

POSレジの導入で気をつけること

ただし、様々なPOSレジがあるため、店の形態と合わないものを導入してしまうこともあり、注意が必要です。多機能なため、業種や規模によって、どんな機能を使いたいのかをしっかりと決め、コストに応じて製品を選ぶことが大事です。今はタブレット型のものも登場していますので、ニーズに合わせて考えてみてください。また、従業員が使いにくいものにしてしまうのにも気をつけてください。いくら機能が良くても、実際に使うのは人間のため、どんな機種が使いやすいのかをよく比べてみることが大切です。そのほかにも、既存の管理システムと連動させる必要があるかどうかも確認が必要です。データの活用にも注意が必要です。ただデータを集積するだけでなく、それを分析してどう活かせるのかを検討する人間や時間を取ることが大事でしょう。