飲食店で使用するPOSレジを入手するにはどうしたらいいか紹介

飲食店を行っている方は経営をするうえで結構大変な事が多々あります。例えば多店舗展開している企業であれば、各店舗の売上状況や経営状況が気になるでしょう。また従業員がレジをする場合、打ち込みミスによるお釣りの間違いも発生します。これらの状況を改善しないといつまでたっても良い経営はできないです。またお客さんから注文を受けるときもミスがないようにしないといけないので、POSレジを導入してみるといいでしょう。POSレジとはレジとデータ収集を一括で行うことができる商品です。店舗に導入すればより快適な経営が可能になるため、最近は大手だけでなく中小企業の飲食店も取り入れています。今回はどうすればPOSを導入できるのか紹介するので理解しておきましょう。

安価に導入したいなら中古で購入するのも良い

業者が販売しているPOSレジは結構な金額がします。一台10万円以上、中には100万円以上するものもあるのです。一個だけなら余りコストはかかりませんが、多店舗展開しているところだと複数導入しないといけません。そうなるととんでもないコストが掛かるので中古を利用するのが良いでしょう。OA機器を販売している中古ショップでは使用済みのレジがたくさん売られています。中古なので定価よりも安価に導入できるのが最大の特徴です。古いものなら数万円程度で購入できるものもあります。しかし古いものだからメンテナンスが出来ないと感じる人もいるでしょう。これはお店側でサポートを行っています。購入後もトラブルがあれば対応してくれるので、安いながら長期間利用できるのがメリットです。

最先端のクラウドPOSも導入できる

今話題となっているものがクラウドPOSであって、これは従来のレジ本体を使わないサービスです。タブレットをレジ代わりに使用するため、従来のPOSレジと比べると導入コストを大幅に削減できるのが魅力となっています。購入価格はクラウドPOSの月額利用料金とタブレット本体費用だけです。本体の値段は10万円もせず月額利用料金も5000円位となっています。導入する場合は専用のクラウドPOSサービスに依頼をしましょう。サービスでは本体購入価格も含めたプランが用意されているので、面倒な作業は必要ありません。クラウドPOSの使い方はサービスのスタッフが教えてくれるのです。さらに研修も行ってくれるため従業員の質も向上できます。他の店舗の売上もリアルタイムで確認できるため、今飲食店を行っているならクラウドPOSが特におすすめです。