飲食店経営にPOSレジを導入した後の注意点など

商売をしている人はPOSレジを導入している方が大半です。飲食店でもPOSレジを使っているところが多くあります。最近のものはクラウドタイプとなっているので、低予算かつランニングコストも安く導入できるのです。またリアルタイムで本店以外のお店も売上チェックできるため、すぐに他の店舗に指示が出せます。売れ筋商品をリアルタイムに把握できる、売れていない商品も確認できるメリットを持つのです。レジと注文も同時にこなせるので複数の使い方が出来ます。打ち間違いもなくなる便利サービスは商売にぴったりと言えるでしょう。かなり便利なPOSですが、導入するときにはちょっとした注意点もあります。今回はクラウドPOS導入にあたっての注意点をいくつか見ておきましょう。

 カスタマイズできるかチェックしておこう

クラウド型POSレジは大半のものがカスタマイズ出来ないのです。中には充実したカスタマイズ機能を確保しているものもありますが、若干良い値段になっています。選ぶときの注意点として将来の事も考えたPOSを導入しましょう。例えばあまりに安いからといってカスタマイズ出来ないものを選択した場合、会社が大きくなると機能面で物足りなくなってしまいます。そうなれば別のクラウド型POSを再度導入しないといけないため、初期費用がかかってしまうのです。一方カスタマイズできるサービスは必要のない機能を付帯しない代わりに、月額利用料金を下げてもらえます。中小企業であっても比較的気軽に導入できるので、少しばかりお金がかかっても利用するべきです。またカスタマーサポートも充実しているため、初めての導入を考えるとおすすめといえます。

セキュリティや使いやすさを考慮しよう

あまりパソコン関係の機器に触ったことがない人は使いやすさを重視して選ぶのがよいです。機能が複雑についているものであれば直感的に使いにくいといえます。ただし支払い方法については複数のものが用意されている物を選びましょう。クレジットカード決済だけでなく先払いや後会計ができるなら、幅広い層をターゲットに出来ます。飲食店のデータが外部に漏れてしまうと大変です。特に顧客情報を多く扱っている会社であれば、信用に関わってくるといえます。セキュリティがしっかりしているのかもチェックしておくと良いです。情報をロックできる機能や端末の情報を保存しない機能がついていると安心して使えます。タブレットの紛失や盗難も考えるとセキュリティがしっかりした飲食店POSが最も安全です。