POSレジを飲食店経営で利用することのメリット

飲食店でのPOSレジの導入が増えてきています。売上だけでなくデータの収集ができるからです。販売実績が上がると即座にデータが収集できますから、従来煩わしかったレジの締め上げの作業がなくなりました。導入の目的をしっかり決めておくことによって、規模と拡張性に富んだデータ処理が可能になります。誰でも使いやすい機種を導入することによって、簡単な作業で店舗管理ができます。経営者は、本来の作業に専念できることによってよりお客様に満足してもらえる料理の開発、リピートしてもらえるサービスの徹底などにもっと力をそそぐことができます。なにより大切なのは、売上を即時確定できることです。季節によっての変化、交通量の変化で人の流れが変わった。などの情報分析が即時にできる事です。

POSレジ導入のきっかけとメリット

開業から3年で80%が廃業する厳しさを乗り越えるためには、本来の味にこだわり無駄な手間をかけないことが必要です。少なくとも、日々の売り上げのデータは即日取得したいです。そのためにPOSレジの導入は、極めて大切です。日々の時間単位で、顧客の来店数・客単価・売上を把握できるからです。導入のメリットは、まず業務の効率化です。管理者によるレジの締め上げがなくなります。2つ目は売上向上のためのデータ収集・分析です。3つ目は、レジの金額のうち違いがなくなることで販売ミスがなくなることです。後の処理のほうが大変です。4つ目は、レジ担当者の不正を防止できることです。5つ目は、経営視点での多店舗管理に関与できることです。なぜその店の売り上げが落ちているのかといった細かい分析ができます。

どんなPOSレジを飲食店は選べばいいのか

最近のPOSレジは変化が著しいです。ソフトの進化で色々なパターンに対応できる機種の開発が行われています。クレジットカードの端末になったり、ネット接続は最低限の機能になっています。その場で売り上げ確定ができます。POSで集約した情報をクラウドで管理しサーバーで集計してデータを瞬時にPOSに反映します。飲食店では、このスピードが大切になります。機種選定にあたって考慮すべきことはただ一つです。誰でも研修を受けなくても即日扱える機種がいいです。パートのかたなど交換業務の人もいます、不慣れな人でも苦なく使えることが大切です。シンプルですぐに使えることが最も重視すべき点です。複雑な機能は、サーバーにまかせて現場のPOSは使い勝手の良いものが適切です。使いこなせなければ導入は失敗します。